--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 10. 06  
 打ち倒した見張りの五人をロープで縛りつけたのちに、三人は遺跡へと足を踏み入れた。
 先頭に剣を手にしたフォレフ、真ん中に魔法の明かりを杖に灯したティーフ、殿はシィルビアが務める。
 遺跡は入り口より、外の廃墟同様に石造りで二人が並べる程度の通路が地下へ向かってゆるい下り坂となって続いていた。
 15メートルほどの間隔で右へ左へと折れ曲がった後に、9メートル四方の小さな部屋へとたどり着く。ここには見張り役の男が二人いたが、先だってシィルビアが外の男たちと同様に眠り矢を放って眠らせた。
「なるほど…。ここから遺跡に入るのか」
 かつてはここで行き止まりとなっていたために、長い年月の間発見を免れたのだろう。石壁の一角には最近崩されたと思しき穴を開けられていた。
 警戒しつつ穴の中を覗き込むと、石とは別の材質で作られた通路が左右に続いていた。これまでの石造りのものに比べると、無機質な雰囲気が漂っている。
 通路の壁にはところどころ踝あたりに埋め込まれた小さな照明が灯されていて薄明るい。
「何だこの壁?」
 フォレフは通路に入ると、ノックするような仕草で壁を叩く。石壁とは明らかに異なるコンコンと軽い音が返ってくる。
「この明かりも蝋燭とかじゃないのね」
 壁に埋め込まれた照明には、壁と平行になるようにそれぞれ半透明のガラス板のようなもので仕切られていて中が見えないようになっているが、蝋燭が入るには明らかに小さく、ましてや白い明かりなど蝋燭の明かりで出来るものではない。
 明かりのせいもあって、床に薄く降り積もった埃に複数の足跡が行き来しているのが見て取れる。三人はその足跡を追うように奥へと進む。
「ジュピロス文明の遺跡なんかに似てるな、ここは」とティーフ。
 ミッドガルドの、それこそ聖戦のころに存在していた古代文明は、根本的に魔術によって築かれた文明である。しかしその同時期に突如出現したジュピロス文明は、異質な技術と文化を持っていた。言うなれば、機械文明だ。
 古代文明期には魔法文明が発達する傍らで、ドワーフと呼ばれる妖精族に由来する手先の器用な亜人たちがおり、彼らはその器用さから道具としての機械を作り出していた。
 だがジュピロス文明の機械はそれらを凌駕したものであり、生活の全てに渡り機械が使用されていた。彼らは知能を持つ機械さえも操り、過酷な条件下の労働なども独自判断で駆動する人型機械で行っていた。また彼らは天に星を打ち上げて、その星からミッドガルド各地の情報を得ていたともいう。
 残念なことに、その優れた機械技術の大半は聖戦で失われてしまった。シュバルツバルト共和国にある飛行船や蒸気機関車などは当時の技術の残滓だが、新たにそれを製造することは不可能であり、それらを保守・運用する技術のみが現存しているのみだ。
 また魔法文明で機械を作成していたドワーフたちも一千年という時の流れの中で、種としてはミッドガルド大陸から消え失せてしまい、彼らの残した機械も大半が製造方法は失われ、使用方法だけが伝えられている。
「でも何でこんな場所に機械文明が残ってるんだ?」
「戦争のためだろうなあ」
「戦争?」
「このサンダルマン要塞は防衛戦争のためにつくられたんだ」
「モロクの古代王国が、蛮族の侵入をを防ぐためとかそういうやつだっけ?」
「それが通説だが、オレが昔見た史料には別の話が書いてあった。ここは昔、『死』に対しての最前線基地だったそうだ」
「どういうことだ?」
「聖戦の時代、グラストヘイムで巨人族と人間とが争っている他方で、この地方もある勢力の攻撃にさらされていた。
 それが世界樹イグドラシルを通じてニブルヘルムから這い出た『死』の勢力。
 こいつらのせいで洞窟を閉ざして篭城したコモド以外の西方諸地域は全てが死に絶えた世界に成り果てた。
 古代モロク王国はこのサンダルマン要塞を建造し、『死』の勢力と文字通り生存圏をかけて戦ったんだそうだ」
「それで、結局どうなったの?」
「グラストヘイム陥落の代償として巨人族が勢力を落としたのと同じころに、どういう理由か『死』の勢力も勢いを落としたらしい。案外、根っこが同じだったのかもな。
 それを機にこの要塞からの反攻作戦でイグドラシルまで押し返し、やがて向こう側からの門を閉じるコトに成功したと書かれてた。由来不明の蛮族云々よりは信憑性があると思ってたが……」
「じゃあここもその頃の?」
「ジュピロス文明は戦いのための技術も発展してたそうだからな。おそらく」
「何でその話が蛮族なんてものにすりかわったんだ?」
「さあ? ひとつ考え付くとしたら、モロク人の死後観を守るためとかかな」
「ああ、モロクの人って死後に復活するって考えてるんだよね」
 古代モロク人の死後観は現代のミッドガルドのものとは異なり独特な発展を遂げており、死によって肉体から離れた魂は再び肉体に戻ってくると信じられていた。
 そのために彼らは王から庶民に至るまで死体をミイラとして保存し、復活に備えていたのだ。
「実際は悪霊じみたものになってるけどな」
 古代モロク人の信仰通りにミイラに魂は宿った。しかし思惑と異なり狂気に犯された魂としてだが。ピラミッドに埋葬された古代のモロク人たちは妄執に憑かれた悪霊として、墓所へと踏み込んでくる冒険者たちに襲い掛かる存在となってしまっている。
「とはいえ、歪められた記録が流布し、蛮族として記憶されているわけだ」
「話し戻すが、当のモロク人ですら忘れたこの場所を何でここの連中は知ってるんだ?」
「わからん」
 そうティーフが言った瞬間。
 薄暗い照明のみだった通路に白い明かりが天井にパッと灯り、あたりは昼間のような明るさに包まれた。続いて耳障りな警報音が響き渡る。
2009. 10. 05  
 三人の冒険者は遺跡を警備する男たちを襲撃するべく簡単に打ち合わせると、散開してそれぞれ配置につく。
 フォレフはそれこそ、男たちの壁ひとつ挟んだ位置にまで移動すると愛剣を引き抜き、気配を殺してタイミングを計る。男たちはフォレフの存在に気づいた様子は無く、相変わらずの談笑が続いていた。
 数日前に盗賊ギルドの襲撃を受けたにしては、男たちに警戒感が無い。一度襲撃があった以上は再度襲撃があることを警戒するべきである。それとも襲撃を撃退する自負があるのか。しかし返ってそれが好都合だ。
 一瞬世界が沈黙に包まれたかと思うと、次の瞬間空気を切り裂いて飛来した火球が、男たちが囲んでいた焚き火を轟音と共に吹き飛ばす。
 男たちが第一声をあげるより早く、フォレフは潜伏していた場所から剣を構えて飛び出した。
「な…!」
 火球の残光に照らされた男たちの驚愕の表情が目に入ってくる。余裕が仇となって弛緩していた男たちの反応は鈍い。好機と見てフォレフは一番手近に居た男に両手剣で薙ぎ払った。
 不意を打った襲撃においてはスピードが何よりも重要視される。先手を打って主導権を奪い去り、相手に立ち直る時間を与えないまま事を成さねばならない。フォレフは打ち倒した相手に目もくれず、次の相手を探す。
 残り四人の男たちのうち、不意に二人がグラリと倒れる。すれ違いに一瞥すると肩口に特殊な矢を受けていた。
「やった!」
 連撃射で矢を放った主であるシィルビアは、離れた場所で望遠鏡越しにそれを目撃して小さくガッツポーズをとった。
 剣を抜こうとする一人にフォレフが肩から体当たりする。勢いに任せたその一撃に相手は遺跡入り口の石壁まで吹き飛ばされて、そのまま崩れ落ちた。
『あとひとり…』
 最後の一人は剣を引き抜き、背後から切りかかってきた。フォレフはその一撃を予測していたかのように身体を捻って最小限の動きで避けると、体勢を崩した相手に目掛けて袈裟懸けに剣を振り下ろす。それが決め手となった。
 相手が動かなくなったことを確認すると、フォレフは大きく息を吐き出して剣を降ろした。
 パチパチパチと拍手をしながら、ティーフが笑顔で現れる。その後ろからは安堵した表情のシィルビアが続いて現れた。
「お疲れさん。うまくいったな」
「何とかね」
「しかしなんだな。これでひとりも殺してねえんだから、すげえもんだ」
 今の襲撃でフォレフは攻撃をすべて剣の平で行い、気絶や昏倒に追い込んだのみに留めた。シィルビアが仕留めた二人も眠り矢による攻撃なので、昏睡してはいるものの命に別状は無い。
「でもやっぱりこいつら、正規の訓練を受けてるみたいだ」
 軍人は軍隊という場で要求される統一性ゆえに、全員がある一定のレベルに達するように画一化された訓練を受ける。その訓練で育った人員は当然画一化された技法となる。
 軍隊の訓練は突き詰められた訓練方法ゆえに戦場における戦闘方法としての完成精度は高いが、その反面、我流で鍛錬してきた者のように突き抜けた才能の持ち主は生まれ難い面もある。
 ちなみに彼らを打ち倒したフォレフは、名剣士と呼ばれた父の指導で剣術を修めた後に、軍隊の正規訓練を受けた経験を持っている。
「ふむ。軍人か…それとも軍人崩れってとこか」
「本職でしょ」とシィルビア。
「ん? どうしてそう思うんだ?」
「鎧とか剣とか使い込まれてるけど、不潔な感じじゃないもの。それにバラつきがないし」
 定期的に装備などを支給されている立場にあると言いたいのだろう。無論軍隊から離れた連中ならそんなことは有り得ない。
「つーことは、中にもそれなりいると見るべきだろうな」
 ふと遺跡の入り口に目を向ける。火球の残光も消えうせ、月明かりのみでは漆黒に包まれたその奥の様子はようと知れない。見張りの五人が無力化されたことは、本当に察知されていないのだろうか。一抹の不安が過ぎる。
「中に、入るのか?」
 フォレフが問いかけてきた。
 相手が軍隊というだけでも収穫といえなくも無い。それを知らせてやるだけでも、盗賊ギルドの今後の方針の判断材料を提供することになる。
 実際、ギルドがこの連中のことを知った場合に、それでもと事を構える気があるのかは、五分五分といったところか。
 しかし……。
「入ろう」
 ティーフの決断にフォレフとシィルビアは頷きあう。
 彼らは冒険者である。未知なる遺跡を前に不安より好奇心が勝った。
2009. 10. 04  
 砂漠の都市モロクの南西に位置するその廃墟は、かつてサンダルマン要塞と呼ばれていた。
 その規模は都市にも匹敵するほどに広大で、北部には城郭、南部にはファロス灯台を備えた港や市街が建設された。
 城郭部分は廃棄されて久しく、現在棲むのはコボルドやゴブリンらの亜人たちだ。
 南部は現在でもモロクの衛星都市的な役割を得て、海からの玄関口として機能してはいるものの、広大な用地を有しているにもかかわらず人口が少ないため、閑散とした雰囲気が否めない。
 ここはすでに過去の栄光の残滓なのだ。
 このサンダルマン要塞は、かつて西部諸地域が不安定であったころに蛮族の侵攻に備え、古代モロク王国によって建設された。歴史書にはそのように記載されている。
 しかし少し頭の回るものならば、不可解な点に気がつくだろう。それはつまり『蛮族』と称される存在は何者なのかという点に。
 サンダルマン要塞より西の地域には遠く洞窟都市のコモド、そして世界樹に抱かれた土人たちの集落ウンバラが存在するが、どちらの人口はモロクのそれに比べてささやかな規模でしかない。
 それが例えモロク王国の時代のころであってもさした差などないだろう。いや、むしろ王国時代のモロクにはあの巨大なピラミッドを建設する力が存在していたのである。例え西部諸地域の彼らが敵対勢力としてモロクに侵攻したとしても、果たして脅威となるのかどうか。ましてや、コモドやウンバラにはモロクと敵対したという記録はない。
 では何故に都市規模の要塞が建設されるに至ったのだろうか。
 史料らしい史料が存在せぬため、言い伝え程度に残るサンダルマン要塞についての口伝が唯一の手がかりでしかなく、多くの歴史学者が首を傾げながらも、それを容認せざるを得ないのが現在であった。
 一部の学者は古代モロク王国が存在した時代が一千年前の聖戦と重なることから、聖戦時に使用されたことを主張しているが、確固たる証拠がないため、推測の域を得ない。
 さらにこの廃墟の不幸な点は、冒険者たちに見向きもされないことだ。
 冒険者たちが魔物たちの巣食う遺跡に入り込み、残された宝物など持ち帰ってくることで、その遺跡の由来などが判明するケースは少なくない。
 しかしサンダルマン要塞には冒険者たちが目指すような遺跡は確認されておらず、西部諸地域をへと向かう者たちが通り過ぎるぐらいの存在でしかない。この地が『廃墟』とは呼ばれるが、『遺跡』とは呼ばれないのはそのためだ。

     * * *    * * *    * * *

 サンダルマン要塞の中央部付近に彼らが目指す目標があった。
 すでに日は西の大地に没してはいるものの、その僅かな残光が空を藍色に見せていた。目標に近づくには絶好の状況だ。三人の冒険者は薄闇に紛れ慎重に目標へと近づく。
 これまでに本来の住人であるコボルドたちを見かけることはなかった。遠巻きに警戒をしている様子すらない。おそらくは徹底的に排除されたのだろう。
 物陰に潜む三人の視線の先には、ぽっかりと漆黒の闇を見せる『遺跡』の入り口がある。その遺跡が彼らの受けた依頼の目標だった。
 遺跡の周囲には警護役と思しき鎧姿の男たちが五名ほどいた。盛大に焚かれた焚き火の周りで談笑している声が三人の耳にも聞こえる。
「連中。余裕だな…」
「でも手練だ」
「何で分かるの?」
 断言するティーフにシィルビアが首を傾げた。
「あ…えーと…。雰囲気とか?」
「何で疑問形なのよ…」
「連中、盗賊ギルドと何かあったんだな?」
 怪しげな素振りを見せるティーフにフォレフが問いかける。
 三人の雇い主は盗賊ギルドだった。本来ならギルドとの仲介に立つべき盗賊は、このパーティにはいない。ティーフが何らかのコネをもち、盗賊ギルドとパイプを持っているのである。今回の依頼はこの魔術師を経由してもたらされたものだった。
 フォレフにしてもシィルビアにしても、そのことを知ってはいるものの、ティーフが盗賊ギルドとどういう関係にあるのかは詳しくは知らない。本人曰く「知らない方が身の為」だそうなので、詮索するのが得策でないことも理解している。
「あー、うん。まあそういうことだな」
 言葉を濁すようなティーフの態度に、二人が顔を見合わせる。しばし目線で会話した後にフォレフが口を開いた。
「濁すなら、オレとシィルビアはここで降りるぞ」
「いや、なにね…。盗賊ギルドも自力解決するつもりで、大人数でここを強襲したらしいんだが……」
「が?」とシィルビア。
「返り討ちにされちゃったんだってさ」
 ティーフの明るい口調に、二人は深くため息をついた。
「それでオレにどうにかしてくれと、お願いが回ってきたわけ」
「それを受けたってことなのね。私たちに相談も無しに」
 少し非難するような刺々しさが感じられた。
「まあ彼らとの今後のより良き信頼関係のために、一仕事ってね。それにほら。面子掛かってるだけに報酬もでかいし」
 悪びれた様子も無いことに、二人は再びため息をつく。
「まあここまできたら乗りかかった船だしな。今回は貸しとく」
「…フォレフがそう言うなら、私も付き合うよ」
「いやあ、オレはホントにいい仲間持ったねえ」
 二人は三度ため息をついた。
「しかし盗賊ギルドの連中はどうしてここのこと知ったんだ?」
「最初の出所は噂話だったらしい。夜にここを通り抜けようとした奴が、ああやって焚き火している連中を見かけたとか。それがあまりにも頻繁に話題に上るからギルドの連中が興味もって調査したら、あの通り『遺跡』があったと」
 盗賊ギルドは未発掘の遺跡の存在を無視できないどころか大いに惹かれたのである。
 かつて栄華を誇った古代文明が聖戦を経て消滅してより千年。その遺産を擁する『遺跡』は発見し尽くされ、手付かずの遺跡はもはや発見されることはないと考えられていた。
 各地の『遺跡』は広大であり、そのすべてが探索しつくされたわけではないとはいえ、長い年月を掛けた幾多の冒険者たちの活動が、数多の遺産を発見してきた。その価値はピンキリではあるものの、発見されたという事実は、これから未来に発見するという可能性を奪い去っているのは否めない。
 既に冒険者の手垢に塗れたモノに比べ、未発掘の『遺跡』が新たな可能性を秘めているのは言わずもがなだ。ここが冒険者たちの言の葉に乗るより前に独占したいというのが、盗賊ギルドの希望するところなのだろう。
「でもさ。あわよく依頼をこなして、報酬は口封じだぜ~なんてのは嫌だよ?」
 よく有りそうな話だ。
「大丈夫さ」
「何で?」
「オレに手を出すと痛い目に見ることはアッチもわかってるから。それに向こうも人手はあっても、人材が不足してるからな。友好的関係にある人材を手放すほど馬鹿な真似はするまい」
「どーだか…」
 シィルビアは自信満々に答えるティーフに肩を竦める。
「とりあえず、連中を無力化しないと」
 フォレフの提案に二人は改めて遺跡の入り口に屯する武装した男たちの様子を窺う。
 あたりはすっかりと暗くなり、焚き火の照らす巨大な影が遺跡の壁に映り、ゆらゆらと揺れる。
 その影の様子から見て取れるのは、彼らは寛いだ様子ではあるが、決して油断しているわけではないということだ。談笑する声は聞こえるが、その声に酒酔ったような声は混ざっていない。
「まるで軍隊みたいだな…」
 ボソリとつぶやくフォレフの言葉にティーフが頷いた。
「確かに。盗賊ギルドの襲撃部隊を撃退するような連中だから、只者じゃあないとは思っていたが、軍隊っていうの考えもありだな」
「じゃあ、モロク軍? それともプロンテラ軍?」
 モロク軍はモロクの自治政府が組織する軍隊で、モロク地方の治安維持と魔物の討伐などをメインに活動している。プロンテラ軍はルーンミッドガルド王国の有する正規軍で、王国規模での治安維持と魔物の討伐、さらには国家防衛を任としている。
 モロク軍はともかくとして、プロンテラ軍の上位組織プロンテラ騎士団には非正規活動の部隊が存在する。まさに今のような状況においてはうってつけではある。また非正規活動ではなく、正規活動として行動している可能性もないわけではない。
 しかしティーフはそれを否定する。
「いや、違うと思う」
 盗賊ギルドはどちらの組織にも内通者を潜入させており、例え秘密裏の活動であっても何らかの情報が流れるはずだ。ギルドと同質集団の非正規活動部隊の情報は得難いが、それでも全く察知できないと言うのは信じ難い。
 それならばあの武装した連中は何者なのか。
「考えても埒が無い。それに依頼されたのは連中の正体を探ることじゃないんだろ?」
 頭を悩ませるティーフにフォレフがため息をつく。ティーフは我に返ると苦笑した。
「確かに。用があるのは中の方だ」
「今外に居るので全員ってことは無いよね?」
「わからん。だけど言えるのは……」
「一人も逃がすな。でしょ?」
 シィルビアの言葉に男二人が頷いた。
Twitter(ていふのヒト)
カレンダー
これまでの読者
ブログ内検索
アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。