--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 07. 26  
中国の新幹線が鉄道史に残るような事故を起こして数日経過しました。

事故自体は痛ましいのですが、
事故が起こる事は開発の経緯からして目に見えていたので
あーもう起きたのかというのが正直な感想でした。

しかし中国政府の情報隠蔽手段が酷いですねー
事故車両を解体して埋めるとか…
なんという臭いものには蓋って表現がピッタリな隠蔽方法。

これまでならこっそりやって何事も無かったかのように
済ませてきたのでしょうが
散々な手段で注目を集めたのが逆効果。

隠蔽だと批判されるや掘り返して批判をかわそうとか…

中国という国家は図体のでかいだけの子供のようだなあと
しみじみ思います。

かつて偉人英雄を多数輩出した国とは思えんですよ。

一方、新幹線方式を採用した台湾はいち早く
「ウチのは全部日本製なので安全です!」
と宣言しててワロタ。
NEXT Entry
小松左京氏死去
NEW Topics
生きてます。
ちんじふ劇場【5月まとめ】
活動休止してます
明日ですが、C88の情報
歩いて帰ろう
長門と花火大会
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
これまでの読者
ブログ内検索
アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。