--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 04. 01  
トウコ=ミツキはオーク討伐のあったこの年を前後して日記をしたためていた。

自分の心情について事細やかな記述がされている日もあれば、
その日食べた料理が美味しかったとだけ書かれた日もあり、
ただ書くために書いていたというようなものであるが。

その日の彼女の日記には簡潔な一言だけが書かれていた。

『私は嘘をついた』と。




澄み渡った青空の下、
リーネベルク砦にあるトウコの部隊の宿舎の前に
30名からなるトウコ隊の少年兵たちが整列していた。

彼らは集まって整列するようにとだけ言われており、
これから何が始まるのかと不安げな様子が各々の表情に見てとれた。

その整列を後ろには彼らを見張るようにウォルターとハンナが並び、
軍曹は少年兵の正面に立って彼らの様子を確認すると
ひとつ咳払いをして口を開く。

「これから隊長より諸君に話がある。
 心して聞くように」

軍曹に促がされてトウコは少年兵たちの正面に立つ。

「敬礼!」

軍曹の号令で少年兵たちの右手が一斉に額に当てられた。
トウコは右手を上げてそれに答えた。

「まずは初めまして。
 私が君たちの部隊の隊長を務めることになったトウコ=ミツキです。
 元は冒険者だけど、今はプロンテラ軍所属の
 騎士待遇の兵士ということになっています」

トウコはゆっくりと言葉を紡ぎ出していく。
目に映る少年兵たちが見上げる顔はどれも
これから先に何が待ち構えているかわからないためか
不安げな表情をしているものが多い。

「君たちが現在砦となっているこの地で生を受け、
 オークの勢力拡大でこの地を追われ、
 難民生活の中から兵士を志願してこの地へ戻ってきた事は聞いた」

ふと見慣れた土地が軍事拠点となってしまった心情はいかばかりなものかと思う。

しかしすぐに、わかるはずもないとの考えに至った。
トウコだけでなく、それはきっと彼らにもわからないだろう。

嬉しさも悲しさもきっと彼らの中にはない。
あるのは欠損し、満たされることのないナニカが
ただ在るだけだろう。

「君たちに与えられた使命はオークどもを蹴散らすことだ。
 しかしながら、
 兵士として、戦士としての経験のない君たちが戦場に出れば
 君たちは…みんな死ぬ」

その言葉に少年兵たちがどよめく。

「だが!」

その動揺を押さえ込めるべく、トウコは力強く声を発する。

「私は君たちに宣言しよう!
 君たちを、誰一人欠けることなく、
 このリーネベルクでの開拓民としての生活を取り戻させると!」

少年兵たちの動揺の声が水を打ったように静まる。

「そのためには今の君たちの力では不十分だ!
 私はこれから君たちに過酷な訓練を命じる。
 死ぬような厳しい訓練になる。
 しかしその訓練に耐えなければ、君たちは戦場で必ず死ぬ!
 君たちが死なずに再び元の生活に戻るには死ぬ気の訓練が必要だ!
 その訓練に耐え、皆が兵士としての働きができるようになれば
 私は君たちを、君たち全員を再びリーネベルクに戻す!
 それを約束する」

少年兵たちは呆然とトウコを見上げていた。
軍曹は表情を崩さずに直立不動を貫いた。
ウォルターとハンナは互いに一瞬目配せをした。

そんな夢のような話があるのかと、その場にいた誰もが思っていた。
しかしトウコは意思のこもった視線を周囲に振りまいていた。
出来るのだと信じさせることが彼女の役割であるが故に。
そしてそれが嘘であることは彼女が誰よりも知っていた。

その様子を遠くから伺う二人の男がいた。

「無茶な事を言うなあ…
 訓練をすれば犠牲者は少なく出来るって意味で言ったつもりなんだけど」

「あいつにだってそれくらいはわかってるよ」

「出来ると思うのか?
 一人も死なない戦争なんて」

「お前はどう思う?」

「……やりたい、さ。
 隊長やるってことは、隊の連中の命をを預かってることだ。
 どいつも気の良いやつらだよ。
 戦いはオレたちの家業だけど、死にたくて戦ってるやつは居ない。
 オレだって死なせたくて戦いをするわけじゃない」

「真っ先に無茶をするお前がいうかね?」

「無茶をさせるアンタに言われたくはないね」

「…頼みがある」

「…トウコさんを手伝えってことか?」

「よくわかるなあ」

「宿舎から離れたこんな場所に引っ張りこんでおいていう言葉か?」

「あんな少年兵が前線に出ないとならないのはさ
 悲劇だよ。
 その悲劇を回避させたいんだよ」

「お得意の裏工作でもすればいいじゃないか
 軍属を解除させるとか」

「軍に登録されて、前線にまで配属されてる状況じゃあどうにもならん
 仮に手を回してあいつの部隊から外したとしても
 別のどこかの部隊で戦場に向かわされるだけだ。
 悲劇が見えない所で起これば、自分には関係ないと思うのか?」

「思うものか!
 ……わかったよ。できるだけのことはする。
 でも、ウチはどうするんだ?
 ウチだってまだ実力が足りてるわけじゃない」

「当面はオレとグロウでなんとかする。
 それにユーリアって有望なのもいる。
 だからシィルビアとワニナとで補佐をしてやってくれないかな」

「…わかったよ。頼まれた。
 だから頼んだぞ」

二人の男は互いの拳を軽く叩き合った。
NEXT Entry
ステータスリセットかー
NEW Topics
生きてます。
ちんじふ劇場【5月まとめ】
活動休止してます
明日ですが、C88の情報
歩いて帰ろう
長門と花火大会
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
これまでの読者
ブログ内検索
アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。