--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 11. 23  
「長距離を走らせて下さい」

うん?

「ただ走らせるだけではなく行軍用の軍装で。
 初めは10kmぐらいがいいですね。
 慣れてきたら、20、30と距離を増やして
 最終的な目安はまあ、50kmくらいまで可能なようにして下さい」

行軍用といってるのは、
プロンテラ軍兵士のフル装備と言うことだろう。

主武器の槍(場合によっては弓)。
副武器の片手剣。
防具としてチェインメイル。
そして糧食を初め、様々な道具を詰めた背嚢。

部隊によっては盾を携行する場合もある。
私たちの隊には現状支給されてはいないが。

ともあれ、総重量は40Kgは下らない。

冒険者の場合もたいして変わらないが、
私のような自由騎士はペコペコに騎乗したり、
職業によっては武装の簡素化でもっと重量は軽く済ませている。
また熟練した冒険者は慣れによってあまり重量を感じなくなる。

しかし私の部隊はと言うと、最年少は14、最年長で17で
体力的なバラツキが激しいし、
ましてや農夫から兵士に変わってから日も浅く、
基礎的な訓練も受けていないような状態だ。

そんな彼らに出来るのだろうか…

「だからやらせるんですよ」

笑いながらフォレフが言う。
悪魔が微笑んでいるようにすら見えてきた。くそ!

「兵士の経験がない彼らなら、なおさらなんですよ。
 全員が農夫出身と言うことなら、ある程度体力もあるはずです。
 戦闘訓練よりもまずは基礎体力の向上が必要ですし、
 その中で走る事と言うのは、オレは特に重要だと思います」

ほう。
ただ単に無茶を押し付けているわけではないと言うことか。

私はもう少し話を聞いて見ることにした。
NEXT Entry
銃と剣
NEW Topics
ちんじふ劇場【5月まとめ】
活動休止してます
明日ですが、C88の情報
歩いて帰ろう
長門と花火大会
本日丑の日
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Twitter(ていふのヒト)
カレンダー
これまでの読者
ブログ内検索
アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。