--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 10. 06  
ミッドガルドリーグ設立に向けて、
イズルード・ドッグスを含め
加盟チームの陣容がまとまりつつあるのですが…

圧倒的に選手が足りないわけです。

先日出したドッグスの選手一覧にしても
あくまで一軍のスタメン選手のみ。
控え選手が全くおりません。

他チームにしても
野手各ポジションにつき1人、
+代打要員2名、
+投手6名(先発4、中継ぎ1、抑え1)
計16名という構成でやっているわけで。

怪我発生で即試合続行不可の可能性もあり、
なんという全員野球!高校生か!
とツッコまれる事態。

本音をいうと野手各ポジションにつき予備1名と
投手は2名(計10名)の追加人員が欲しい所です。

しかしこれまでの選手集め(作成)も結構労力が必要だったわけで…

何かいい方法はないものかと考えていた所
画期的な方法があったのです。

(つづく)
NEXT Entry
選手不足解消に向けての取り組み2
NEW Topics
ちんじふ劇場【5月まとめ】
活動休止してます
明日ですが、C88の情報
歩いて帰ろう
長門と花火大会
本日丑の日
Comment
そういえば野球に限らずスポーツは故障がけっこう多いんでしたっけ。
前の日記で名前がズラっと並んでるからずいぶん増えたんだな~と思ってましたが、アレでも足りないんですね(’’;
プロ野球の場合、1軍に登録できる選手は28人。
投手14人・捕手3人がほぼ固定。
あとは内野手6人・外野手5人というのがセオリーのようです。

MNNドッグスの場合でも
投手10人、捕手2名、内野手7人、外野手5人。
合計24人と言う陣容でした。

それに比べると16人というのは圧倒的に少ない訳です。
あと10名足したとしても、普通より少ないという…
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Twitter(ていふのヒト)
カレンダー
これまでの読者
ブログ内検索
アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。