2010. 02. 14  
前のロッテの監督である。

冗談はさておき。

バレンタインデーにチョコを贈る習慣は日本においてほぼ定着したが、
この習慣はよくお菓子会社の陰謀(というか仕掛け)説が語られる。

ではそのお菓子会社とはどこか?

諸説あるものの、
メリーチョコレートカムパニーと言う会社が1958年に
バレンタインデーフェアを行ったのが最初と言われています。
なおこのときの販売は僅か板チョコ3枚だったそうです…

しかしながらこの会社
2008年12月にロッテホールディングスへ全株式売却がなされ
その傘下となっている。

よもや初っ端の冗談にブーメランのごとく返って来るとは思わなかった私。

しかしロッテということは…
数年もすればバレンタインデーにチョコを贈る習慣の起源は
韓国となっているのは間違いない。
NEXT Entry
ぺったんこアワー 3rd Season 第3回
NEW Topics
生きてます。
ちんじふ劇場【5月まとめ】
活動休止してます
明日ですが、C88の情報
歩いて帰ろう
長門と花火大会
Comment
むしろ今までそう言い出してないのが不思議なくらい。

チョコ好きには、よりどりみどりでたまらない時期です。
店員さんに哀れみの目で見られるのにも慣れました(涙
ROにも取り入れられている所を見ると、韓国でもチョコを贈る習慣が有るようです。まあロッテはあっちじゃ大企業ですしね…
韓国人はきっと500年前のチョコを贈っている図なる物を発見してくれるでしょうきっとw
最初はそんなに少ないんですね~。
逆チョコとかできたりした時点でもうお菓子会社の
陰謀以外考えれないかなと思いますが。

ただ、この時期は、普段見ないようなチョコとか製菓用品
見れるので見て回るのが面白いですね。
逆チョコ…去年少し話題になりましたが、今年は全く聞かなかったな…
私はバレンタインよりもむしろバレンタイン後のチョコの安売りに興味がありますw
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
これまでの読者
ブログ内検索
アクセス解析