2010. 02. 10  
今日は何の日?みたいなことがわかるサイトを見ていたら、
22年前(1988年)の今日に『ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…』が発売されたとの記述がありました。

ドラクエ3は私にとってバイブルのようなゲームです。
思い入れも一入(ひとしお)。

今は容量はあまり気にしない制作方法になってしまいましたが、
ファミコンのころはROMカセットということもあって容量が重きを置かれてましたね。
ギガやテラだの言ってる今からすると小石大程度の容量でしかないと思うのですが。

しかし限られた容量で出来る事というのが
このソフトでは重要なファクターだったと思います。

ビジュアルが備わったTVゲームであるにもかかわらず、
行間を読むことを求められるような雰囲気がありました。
実際「知られざる伝説」という冊子も販売されましたしね。

私はその雰囲気にのめり込んでしまったのだと思います。
ハードの関係で今はもう見ることの出来ない私の処女作のような小説は
ドラクエの二次創作でした。(内容は忘れた)

小説と言えば高屋敷英夫氏のドラクエ小説版も読みましたねー。
今考えると子供向けじゃない気がする代物でしたが。

スクエニになる前は、
ドラクエかFFかって論争も結構ありましたが、私は無条件にドラクエ派でした。
(もっともプレステ以降のドラクエは「…ちょっちね」という思いもありますが)

世界地図に似せた世界と各地方のイメージに寄ったシナリオ。
魔王バラモスを倒した後のどんでん返し。
何故かデジャブ満載wな別世界の存在。
大魔王ゾーマとの壮絶な戦闘。
(「いてつくはどう」とか最初見た時は絶望に近い思いを感じたよ)
そしてエンディングで明かされた驚愕の真実。

プレイ時間はエンディングまででたしか30時間くらいかかったんだけど、
当時は1日1時間形式だったので1ヶ月くらいやってたんだよね。
プレイ時間だけ見ると、今だと1週間程度持てばいい方かも。
子供時代は濃密な時間過ごしてたな私…

去年の暮れあたりに携帯電話版が配信されるようになったらしいけど、
おそらく今プレイしても、あのころのように行間を探るような思いにはたどりつけなさそうです。
その思い込み込みでドラクエ3は私の中のゲームベスト10に一生涯ランキングされていると思います。

ちなみに部屋を探ったら出てきた。
20100210_1.jpg20100210_2.jpg

発売日には当然買えなかったので、
二次か三次の販売が新聞に告知(広告ではなく記事でw)されていたのを見て
近所のソフト屋で並んで買った覚えがあります。
wktkしながら電源を入れた時のタイトルのそっけなさに「え?」となったw
NEXT Entry
建国記念日
NEW Topics
生きてます。
ちんじふ劇場【5月まとめ】
活動休止してます
明日ですが、C88の情報
歩いて帰ろう
長門と花火大会
Comment
ドラクエⅢが22年ですかぁ。
なぜか、ダーマ神殿に着く頃にセーブデータが消えたことが多かったことを思い出します。
何度カセット投げそうになったことかw

でも、あの頃のゲームは良かったなぁって思いますね。
私は3では消えなかったなあ。
4では2回ほど体験した。

リセットをおしながらでんげんをきってください。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
これまでの読者
ブログ内検索
アクセス解析