--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 12. 12  
先日の続き。

海外のユーザーのもひとつの違和感が
「ターン制で,順番に攻撃するなんてリアリティがない」
ということらしい。

戦闘のターン制は
初代ドラクエから使用されているシステムですが、
ドラクエ自体がそのシステムの概要を
「戦闘はウィザードリィ。フィールドはウルティマ」といった具合に
初期の外国産RPGをモデルにしているのは有名な話です。

FFに関してはⅣあたりから
ターン制とリアルタイムを混ぜ合わせた戦闘システムが採用されてますけど、
正直、ターン制とかゲームなんだから、
リアリティに拘らなくても良いと思います。

将棋やチェスなども言うなればターン制ですが、
順番に攻撃するなんてリアリティがない。
などというのはアホな話です。

おそらく海外ユーザーはアクション制のある戦闘が好みなのでしょうが、
日本ではアクションRPGという派生ジャンルに含まれます。

こういった違和感が生じるのは、
昨今のRPGのビジュアル重視で促進されているようです。

確かに現実の人間っぽく見えるRPGの主人公たちが、
他人の攻撃が終わるまで待ってるとか、なんともいえません。

でもリアリティ重視だからと
戦闘がアクション系ばかりなのはどうかとも思います。

ゲームはそこそこ現実的でない方がいいのかもしれませんね。
NEXT Entry
ミリタリー趣味はないのさ
NEW Topics
生きてます。
ちんじふ劇場【5月まとめ】
活動休止してます
明日ですが、C88の情報
歩いて帰ろう
長門と花火大会
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
これまでの読者
ブログ内検索
アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。