--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 10. 09  
20091009.jpg
ぺったんこアワー3rdSeason第1回収録完了しました。
番宣版はティーフのヒトにいろいろあったらしくて公開出来ていませんが、
まあ収録は済んだので1週間以内にはきっと…出るといいね。

番組内で新しい企画について告知しているので、
そちらもお楽しみに。

さて10/1より
『遺跡企画(仮題、 ユミルの残映)』を公開いたしましたが、
いかがでしたでしょうか?

感想とかここにでも書き込んでいただけると、
ティーフのヒトが調子にのってもう1話ぐらい書きおろしてくれるかもw

まあそうでなくても、
今後のオーク戦記の展開など参考にさせてもらいますので、
何かしら思う事を書き込んで頂けると助かります。

…久しぶりに私も続き書こうかな。
NEXT Entry
どんだけ子供なんだか…
NEW Topics
ちんじふ劇場【5月まとめ】
活動休止してます
明日ですが、C88の情報
歩いて帰ろう
長門と花火大会
本日丑の日
Comment
謎だけ残して終わるなーノ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻)Д`)

始まって終わりとはなんという仕打ち,. .+;(ノω;。)+:; ,
謎を解明しなくてもいいから遺跡を脱出するまでは書いてほしかったです。
ハンパなモノを書きたくなかったのかもしれませんが・・・

ライトノベルばかり読んでいてしかもここ数年小説を読む機会が壊滅している現状(主にROのせい)、数少ない読む機会のあるティーフさんの小説は濃いめで好きなのですよ~あくまでボクの主観ですg
軍隊描写に慣れてないだけかもしれないですけどw
それでもお気に入りなのは変らないので、ゆっくりでもいいので頑張ってほしいです(`・ω・´)ノ新刊まだぁ?(ぁ

ではでは~( 'ω')ノシ
濃い目…なのかな?
そいえば夏コミでティーフのヒトがレッドクリフを元に某ゲームと混ぜ合わせた小説をだしたのですが、先日の反省会で読者意見として「説明が長い」というのがありましたわ。
ラノベってそんなに文章なかったっけ?
アカホリ某は下半分がメモ用紙に出来るってひとでしたけど…
あくまで主観なのでw
濃いというよりは硬いかもしれない・・・んー自分でもヨクワカンナイヤ

比較対象が悪い気もしますが~
ボクがよく読んでいたのは主人公無双なファンタジーやラブコメやらが大半でした。
アカホリ某も読んでましたが、すぐに改行や叫んで改行やらでどんどこ行が進んでましたね。
あとラノベに慣れる(といってもやはり一部)とキャラクター間の掛け合いが大半を占めていたりするので、説明が多いとイヤになる人もいるのかも。
この間の新刊は読んでいないのでナントモいえない部分もありますが、原作のゲームと違って小説だと絵が無い分説明が多くなるのはしょうがないですね(n'ω'`)
あえて省いて想像にまかせるのも手とはいえ限界もありますし。
すごく面白かったです。
短いながらも次への「強い引き」があり続きが気になるのがGood、凝縮したいい話ですがその分書き手には負担があるのかも?ゆっくり続編を待ちましょう(待つのは得意ですw)

続編を書いてみるのもいいんでしょうが・・・私だと腕の落差がありすぎて失笑で終わるでしょう。。。
>>とあるタヌキさん
マンガのように読める小説がラノベなんだっていう人がいますが…
私としては微妙かな。
ラノベをキャラクター小説と呼ぶ人もいますが、
キャラの動き中心なのがラノベの特徴でもあるので、
そういう意味だとティーフのヒトのは異端的なのかもね。
(もっとも本人が望んでやってることですが…)

>>剛龍さん
書いた人曰く、完結させたいけど無理そうと言うことなので、
続きは無理そうかも…
ROのゲームの方でも千年前の聖戦はあんまり語られてないので、
語られる前が華なのですよ。
語られるとそりゃあガックリくるのが重力クオリティ見たいなので。
 ティーフ氏の小説を読ませてもらいましたー。

 かとなく歴史小説の生真面目さがあり、
さくっとヤバい事に首を突っ込んでいくシリアスさがあり、
ティーフ氏達の掛け合いがおどけててコメディであり。
「さすが、同人で鍛えてるだけあるなぁ」とか
脇道に反れた方向に感心しつつ、読ませてもらいました。

 歴史って、それこそ多岐に渡る文明の流れを汲んでるから
読者さんにも分かりやすい説明となると、
色々な点から疑問が浮かんできて難しいんですよね。
私には、地理や歴史の描写がイメージしやすくて面白かったです。
歴史小説の類は苦手ですが、スルッと読むことができました。

 また別なところで文章を読む機会があればうれしいですね。
とーこさんの小説も楽しみにしてますよー。(・ω・´)
>>なっちゃん
感想ありがとうございます。
歴史のifものは楽しいですよね。
文章にはテンポというのがあって、上手い文章を書く人は地の文が長くても結構サラリと行ってしまうものですが、まあティーフのヒトはまだそれなりってところかと。

私の小説というか、ここに不定期掲載してる『冒険は~』は小説というより妄想文なのでなんとも^^;
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Twitter(ていふのヒト)
カレンダー
これまでの読者
ブログ内検索
アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。