--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 10. 05  
 三人の冒険者は遺跡を警備する男たちを襲撃するべく簡単に打ち合わせると、散開してそれぞれ配置につく。
 フォレフはそれこそ、男たちの壁ひとつ挟んだ位置にまで移動すると愛剣を引き抜き、気配を殺してタイミングを計る。男たちはフォレフの存在に気づいた様子は無く、相変わらずの談笑が続いていた。
 数日前に盗賊ギルドの襲撃を受けたにしては、男たちに警戒感が無い。一度襲撃があった以上は再度襲撃があることを警戒するべきである。それとも襲撃を撃退する自負があるのか。しかし返ってそれが好都合だ。
 一瞬世界が沈黙に包まれたかと思うと、次の瞬間空気を切り裂いて飛来した火球が、男たちが囲んでいた焚き火を轟音と共に吹き飛ばす。
 男たちが第一声をあげるより早く、フォレフは潜伏していた場所から剣を構えて飛び出した。
「な…!」
 火球の残光に照らされた男たちの驚愕の表情が目に入ってくる。余裕が仇となって弛緩していた男たちの反応は鈍い。好機と見てフォレフは一番手近に居た男に両手剣で薙ぎ払った。
 不意を打った襲撃においてはスピードが何よりも重要視される。先手を打って主導権を奪い去り、相手に立ち直る時間を与えないまま事を成さねばならない。フォレフは打ち倒した相手に目もくれず、次の相手を探す。
 残り四人の男たちのうち、不意に二人がグラリと倒れる。すれ違いに一瞥すると肩口に特殊な矢を受けていた。
「やった!」
 連撃射で矢を放った主であるシィルビアは、離れた場所で望遠鏡越しにそれを目撃して小さくガッツポーズをとった。
 剣を抜こうとする一人にフォレフが肩から体当たりする。勢いに任せたその一撃に相手は遺跡入り口の石壁まで吹き飛ばされて、そのまま崩れ落ちた。
『あとひとり…』
 最後の一人は剣を引き抜き、背後から切りかかってきた。フォレフはその一撃を予測していたかのように身体を捻って最小限の動きで避けると、体勢を崩した相手に目掛けて袈裟懸けに剣を振り下ろす。それが決め手となった。
 相手が動かなくなったことを確認すると、フォレフは大きく息を吐き出して剣を降ろした。
 パチパチパチと拍手をしながら、ティーフが笑顔で現れる。その後ろからは安堵した表情のシィルビアが続いて現れた。
「お疲れさん。うまくいったな」
「何とかね」
「しかしなんだな。これでひとりも殺してねえんだから、すげえもんだ」
 今の襲撃でフォレフは攻撃をすべて剣の平で行い、気絶や昏倒に追い込んだのみに留めた。シィルビアが仕留めた二人も眠り矢による攻撃なので、昏睡してはいるものの命に別状は無い。
「でもやっぱりこいつら、正規の訓練を受けてるみたいだ」
 軍人は軍隊という場で要求される統一性ゆえに、全員がある一定のレベルに達するように画一化された訓練を受ける。その訓練で育った人員は当然画一化された技法となる。
 軍隊の訓練は突き詰められた訓練方法ゆえに戦場における戦闘方法としての完成精度は高いが、その反面、我流で鍛錬してきた者のように突き抜けた才能の持ち主は生まれ難い面もある。
 ちなみに彼らを打ち倒したフォレフは、名剣士と呼ばれた父の指導で剣術を修めた後に、軍隊の正規訓練を受けた経験を持っている。
「ふむ。軍人か…それとも軍人崩れってとこか」
「本職でしょ」とシィルビア。
「ん? どうしてそう思うんだ?」
「鎧とか剣とか使い込まれてるけど、不潔な感じじゃないもの。それにバラつきがないし」
 定期的に装備などを支給されている立場にあると言いたいのだろう。無論軍隊から離れた連中ならそんなことは有り得ない。
「つーことは、中にもそれなりいると見るべきだろうな」
 ふと遺跡の入り口に目を向ける。火球の残光も消えうせ、月明かりのみでは漆黒に包まれたその奥の様子はようと知れない。見張りの五人が無力化されたことは、本当に察知されていないのだろうか。一抹の不安が過ぎる。
「中に、入るのか?」
 フォレフが問いかけてきた。
 相手が軍隊というだけでも収穫といえなくも無い。それを知らせてやるだけでも、盗賊ギルドの今後の方針の判断材料を提供することになる。
 実際、ギルドがこの連中のことを知った場合に、それでもと事を構える気があるのかは、五分五分といったところか。
 しかし……。
「入ろう」
 ティーフの決断にフォレフとシィルビアは頷きあう。
 彼らは冒険者である。未知なる遺跡を前に不安より好奇心が勝った。
NEXT Entry
遺跡企画(仮題、ユミルの残映) 6
NEW Topics
生きてます。
ちんじふ劇場【5月まとめ】
活動休止してます
明日ですが、C88の情報
歩いて帰ろう
長門と花火大会
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
これまでの読者
ブログ内検索
アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。