2009. 05. 30  
decojiro-20090527-224821.jpg
オーク戦記Ex「グレイスさんのオーク戦記」。
イズルードMNN本社購買部にて絶賛販売中!
(一般の書店売りはありません)



日本ではマンガの少年誌、青年誌を発刊するなど、
(女性には少女誌、レディコミがあるしね)
子供の読む物であるだけのものとはしていないのが、
マンガ大国たる所以だと思います。

子供向けから大人向けまで幅広く作品を残した
故手塚治虫先生はホント偉大でした。
(しかも先生を今読んでも古いとか時代遅れだとか感じないしねえ)

マンガの殿堂は云々はともかく、
マンガをさも幼稚なものであるとしか捉えない連中にムカつきます。

ちなみに民主の汚沢前代表は2008年6月に
選・小沢一郎-あちきの浮浪雲」なる物を出してます。

当時マンガをどうこう言う民主党議員に
「あんたのとこの代表はどうなのよ?」と問いたかったですのう。

まあ民主の批判は
時間が経てば主義主張するところになってるというブーメラン伝説というのがあるそうですが。
マスコミはあえてそれは指摘しないんですよね。

ティーフのヒト曰く
「伝えてないだけで、嘘は言っていないと言いたいのだろう」とのこと。

まあMNN記者であるところの私も、
あえて記事に盛り込まない情報があったりするので、
本職もそういう事はするだろうねと納得。
NEXT Entry
セナって聞いて何を思い浮かべますか?
NEW Topics
生きてます。
ちんじふ劇場【5月まとめ】
活動休止してます
明日ですが、C88の情報
歩いて帰ろう
長門と花火大会
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
これまでの読者
ブログ内検索
アクセス解析