--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006. 11. 27  
息をするのさえ音をが漏れるのではないかと緊張する。

ほんの岩一枚向こうには、
月明かりさえ乏しい闇夜の中を点々と赤い光が灯っている。

ただそれだけであるならば幻惑的と言えるかもしれない。

が、それが数十数百と列をなしているさまを、
恐怖以外の何の感情で示すことができようか。

その正体はオークの大群だ。
その足元には無機質な仮面をつけたゴブリンどももいる。

「グンソウ…どれくらいの数だと思う?」
目をヤツらに据えてまま、傍らに控える中年兵士に尋ねた。

「ハッ!一千…以上はいますな」
プロンテラ軍の兵卒として
幾多の戦場を経験した古参兵の見立ては私の見解と一致した。

彼の背後に息を殺すようにして待つ、部下たちを見やる。
プロンテラ軍歩兵およそ三十名余り。
小隊規模における定数の半分しかない。
彼らの顔は例外なく、恐怖に引きつっている。

当然だ。彼らは初陣で、
しかも十四歳から十七歳の少年少女たちでしかないのだから。

恐怖はしているが、それに負けてはいない。
敵の進軍を側面から息を潜めるという恐怖と緊張感に満ちたこの状況において、
声を出さないでいられるだけでも上出来だ。

しかしそれもどれほど持つものか。
期を狙い過ぎれば、この状況に耐え切れないものも出てこよう。
一千を超えるオークどもに包囲されるなど夢でも見たくはない。

だから勝機を今とした。

「突撃する」
「ハッ!」

私の言葉にグンソウが即座に答える。

いい兵士だ。
こんな無謀なことをしでかす私に疑念すら抱いていない。

私は兵士を二名、手招きして呼び寄せる。
数少ない大人の兵士である。
少年兵ばかりのこの小隊で、大人の兵士は私を含めて四人だ。
実戦経験をもつのもまたこの四人だけである。

この四人の働き如何で、小隊のガキどもが何人死ぬのかが決まる。
そしてどう働かせるかを決めるのが私だ。

「露払いは私とウォルター。グンソウとハンナは殿を頼む」

私の指示に各々は小さくうなずくと、
グンソウとハンナは少年兵たちの方へと消えていった。

私は少年兵たちのまとめ役となっている少年、委員長(本名は忘れた)に目配せする。
頭のいいそいつは、それで私の意図を察したようだ。
少年兵の中に突撃の命が伝わっていくのがわかる。
グンソウとともに、コイツも小隊運営にとっては拾いモノな人材である。

私は懐から一枚のスクロールを取り出した。
先日購入したファイアボールのスクロールだ。

「そいつでなにを?」

キザ男を気取った雰囲気をもつウォルターが不思議そうに聞いてきた。

「秘密兵器さ」

私は不敵に笑ってみせ、立ち上がった。
続くように小隊の少年兵たちが立ち上がる。

三十名ほどとはいえ、一斉に立ち上がれば充分な音を立てるものだ。
その音を聞きつけた赤目どもの視線が一斉にこちらに向けられる。

恐怖と緊張感と興奮とが入り混じり、
最高潮に達したそれは一種の快感に近い。

『ついにここまで来た』
私の脳裏を掠めたのはそんな言葉だった。

ああそうだ。私はここまで来たのだ。
リーネベルクへとやってきたあの日から。
NEXT Entry
終末はおべんともって冒険へ。FrontLine 2
NEW Topics
生きてます。
ちんじふ劇場【5月まとめ】
活動休止してます
明日ですが、C88の情報
歩いて帰ろう
長門と花火大会
カレンダー
これまでの読者
ブログ内検索
アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。