--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006. 07. 03  
冒険者は気楽な家業ときたもんだ♪
と、誰かが歌ったかは知らないが。
(どうせティーフらへんだ)

冒険者、自由騎士として生活する私は特に仕えるものがない。
いわゆる『ふりーたー』っていうヤツだな。
引きこもってはいないし、親のすね齧ってるわけでもないので、
『にーと』とは違うと思う。

とはいえ、収支が不安定なのも否めず、
財産はそこそこだが、いつも金の心配ばかりしている。

しかも。
ここのところ急激に下がったレモン相場が
そろそろ回復するだろうという情報を得たのか
BSをしている妹がレモンを3万個あまり買い付け、
管理していた金のうち9Mも使い込まれた。
(ヤツ曰く、損はしないとのことだったが)

私は神を信仰しないが、
それを聞いた時はちょっとばかり天を仰いだ。

閑話休題。

ようは定職につこうかなと思うのだ。

騎士で定職というと、
やはりプロンテラ騎士団を始めとした軍務関係だろう。
いわゆる王国・王家に忠誠を誓った正騎士ってヤツだ。

とはいえ、これが簡単になれるもんではないらしい。
正騎士になるには、従士試験を受けて合格し、
数年の従士生活ののちに騎士への昇格試験を受け、
これに合格することで、晴れて正騎士なれる。

そういう手順を踏む必要があるのだ。
面倒だが人材育成という点では理に適っている。

事実この方法で選抜された正騎士は、
忠誠心に富み、王国側からの信頼も厚い。
王家の身辺警護につく近衛騎士は例外なく従士出身だという。

しかし私もいい年なので、
これ以上数年も時間をかけたくはない。

となると、もうひとつの方法をとるしかないわけだ。
NEXT Entry
終末はおべんともって冒険へ 2
NEW Topics
生きてます。
ちんじふ劇場【5月まとめ】
活動休止してます
明日ですが、C88の情報
歩いて帰ろう
長門と花火大会
カレンダー
これまでの読者
ブログ内検索
アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。