--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 05. 09  
9-1

大島から20kmの沖合を空母翔鶴旗艦とした打撃機動艦隊12隻が航行していた。
高速戦艦と空母と護衛の駆逐艦によって構成された本艦隊は長門ら打撃水上艦隊より速力に勝るため、敵艦隊本体との決戦における先陣を担っていた。

「偵察機が敵艦隊を補足しました。まっすぐこちらへ向かってきます」

半刻前に翔鶴の放った彩雲隊は予測進路通りに航行する敵艦隊を発見した。敵艦隊は欺瞞行動をとることなく、多数の艦艇を引き連れたままに東京湾へめがけて北進を続けている。

「翔鶴姉ぇ! こちらから先制しよう!」

瑞鶴の言葉に翔鶴は硬い表情のまま頷く。

彩雲を通して目の当たりにした敵艦隊の威容に、翔鶴は畏怖を覚えつつあった。
鎮守府の全艦艇を投入したとして、あの大艦隊を止めることはできるのだろうか。そんな疑念が翔鶴の頭によぎる。

「翔鶴姉?」

瑞鶴が心配そうな様子で顔を覗き込んでくる。
妹の顔を見て、翔鶴はふとMI作戦に出撃する赤城や加賀を見送ったときのことを思い出した。
見送りの言葉送った翔鶴に、加賀は怜悧な眼差しでこう返してきた。

「翔鶴。貴女、選ばれなかったと思ってはいない?」

「そんなことは……」

口では否定したものの、加賀の言葉に心の臓を掴まれたかのようだった。

MI作戦の決行の噂が半ば真実味が帯びてきたころに翔鶴と瑞鶴は、加賀から謝罪される形でこれまでのギクシャクした関係に終止符を打っていた。

関係改善の後、加賀、そして赤城の猛烈な指導が二人には行われたが、それが期待と信頼の証であることを知っていたからこそ、血を吐きながらも耐え抜いた。

その指導によって力と技が身に着いたことへの自負もあった。
だが選定されたMI作戦への参加艦艇に、翔鶴と瑞鶴の名は無かった。

表面上は平静を保ちつつも、内心大きな衝撃を受けていた。
かつてのMI作戦に参加できなかった因縁を打ち破り、先輩空母たちの勝利を補佐できることへの高揚感が、突如として自らの届かない場所へと遠ざかってしまったのだ。

瑞鶴などは選ばれなかったことへの不満を周囲にまき散らし、赤城や加賀にたしなめられていたが、同じような態度をとることは出来ない自らの性格を恨めしくも思った。

そうやって押し殺した思いを加賀は見抜いていたのだろう。
加賀は翔鶴を引き寄せて、両腕で抱きしめた。

「貴女と瑞鶴が一緒に来てくれたなら、私や赤城さんもとても安心できたはずだったのだけど。提督が決定した以上、貴女たちをMI作戦に連れて行くことはできないわ」

加賀が自分たちを必要と思ってくれていたことに、翔鶴の目から涙が零れ落ちる。

「貴女たちの実力は私が知っています。私たちの指導が実ったことを嬉しく思っています」

「私は…加賀さんや赤城さんと一緒に行きたかったです……」

「貴女たちの力は、この作戦のためだけにあるものではないわ。貴女たちを必要とする局面は必ず来る。私たちのためだけではなく、私たちがいない戦場でも貴女たちの働きが必要とされるならば、私と赤城さんが貴女たち姉妹を指導した甲斐があったということよ」

「でも……」

『私は貴女に私の力を見て欲しかった』
翔鶴はそう言葉を続けたかった。

加賀は抱きしめる腕の力を抜いて、翔鶴の顔を正面に見据えて言った。

「わかっています。『いずれ次の機会に、』一緒に出撃しましょう。だから貴女たちは鎮守府の留守を守っていて頂戴」

翔鶴は「いずれ次の機会に」と言った加賀の顔を思い出す。
いつもは怜悧な印象の加賀が口元を緩ませた優しい表情を見せていた。かつては同僚の赤城にしか、二航戦の先輩たちにも向けられたことは無い姿だった。

自惚れなのかもしれないが、信頼されたのだと思いたかった。
その信頼に答えたい。答えねばならない。それが彼女たちが結んだ絆なのだから。

翔鶴は気合を入れるために両手で頬をたたいた。
いまだ心配そうな視線の瑞鶴に向かって、引き締めた表情で頷く。

「瑞鶴、千歳さん、千代田さん、第1次攻撃隊の艦載機を発艦させます。随伴艦の皆さんもよろしく」

「ええ、任せて」

「正規空母には負けないわ!」

「アウトレンジ! 決めるわよ!」

翔鶴、瑞鶴が矢を放ち、千歳、千代田はカラクリ箱のような飛行甲板から艦載機が飛び立っていく。

烈風や流星改など艦載機の主戦力はAL/MI作戦に参加する空母たちに託され、鎮守府に残されていたのは予備機ばかりだが、その中でも紫電改二や彗星一二型甲、流星など一線級に後れを取らない艦載機が打撃機動艦隊に搭載されていた。
搭乗する妖精たちの練度も低いものではなく、上空で素早くすると綺麗な編隊を形成して敵艦隊の居る方向へ飛び去っていた。
NEXT Entry
それなりに元気です
NEW Topics
ちんじふ劇場【5月まとめ】
活動休止してます
明日ですが、C88の情報
歩いて帰ろう
長門と花火大会
本日丑の日
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Twitter(ていふのヒト)
カレンダー
これまでの読者
ブログ内検索
アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。