--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 09. 13  
-横鎮提督のとーこさんじゅうはちさい- (AL作戦 vol.2)
「AL海域 戦闘開始」

発見したのは戦神丸の前方で哨戒にあたっていた五十鈴の電探だった。

五十鈴「電探に感あり! 敵艦隊と推測します」

その報告を受けて戦神丸の船内が騒然となる。

扶桑「総員戦闘配置! 哨戒中の五十鈴、深雪、叢雲はそのまま戦闘態勢に移行。私が出ます。山城、龍驤、行けるかしら?」

山城「姉様が行くなら行けます!」

龍驤「ウチもOKや!」

扶桑「青葉、戦神丸の指揮は任せます」

青葉「はい! 青葉、任されちゃいました!」



戦神丸の出撃ハッチから艤装を身に付けた扶桑、山城、龍驤が海面に降り立つ。
船足を落として後方へと後退する戦神丸に代わって、五十鈴、深雪、叢雲が合流する。
その間に龍驤は彩雲の式札を遣って、敵艦隊の方向へと発艦させる。

扶桑「私を先頭に単縦陣で進みます。深雪、叢雲は対潜警戒を」

叢雲「了解したわ」
深雪「深雪様におまかせだぜい!」

龍驤「敵艦隊を確認したで。リ級F、ホ級F、イ級カッコハテナが3隻や」

山城「なんなの? カッコハテナって」

龍驤「形はイ級なんやけど、何やちょっとちゃうねん」

扶桑「ただのイ級じゃないってことかしら? あと、5隻だけ?」

龍驤「水上艦はそうやね」

扶桑「…やはり潜水艦が潜んでいるようね。龍驤は艦載機の発艦を。山城、観測機を飛ばすわよ」

山城「了解」

龍驤「ほな、艦載機のみんなぁー、お仕事お仕事ー!」

龍驤から艦載機が、扶桑、山城のカタパルトから観測機が飛び立っていく。

航空戦艦として改装されている扶桑たちだったが、
今回の作戦においては瑞雲などを降ろし、
火力と索敵を重視をした装備に換装している。

しばらくして、龍驤が落胆の息を漏らす。

龍驤「あかん。イ級ハテナにちょこっとダメージ与えただけや。普通のと硬さが違うみたいや」

扶桑「EやFでもないのにですか…」

叢雲「左舷より魚雷!」

扶桑「全艦回避!」

白い魚雷の航跡が艦隊へと迫る。
回避が遅れた五十鈴に命中したが損害は軽微。

扶桑「五十鈴、深雪、叢雲、龍驤は潜水艦を。山城、私たちが艦隊を引きつけるわよ」

一同「了解」

敵前衛艦隊との戦闘は潜水艦を取り逃したものの、
敵艦隊は扶桑、山城の火力の前にことごとく打ち破られた。

艦隊は深雪、叢雲を青葉、衣笠に交代させ進撃。

途中、敵水上打撃部隊や対潜警戒部隊と戦闘になるも、
これらをしのぎ、ついに海域最奥に潜む艦隊を発見した。

20140913_2.jpg

敵艦隊は重巡リ級Fハテナ、重巡リ級F2、軽巡ヘ級F1、駆逐ロ級ハテナ2。

扶桑「旗艦はリ級Fのようですが…他の2隻とは違いますね…」

青葉「ロ級も通常と異なる艦ですねえ」

衣笠「新型を投入してきたってことなのかしら…」

山城「そんなことありえるの?」

龍驤「ありえる、ありえないやなく、現におるんやもんな」

五十鈴「なら、叩くしか無いんじゃないの?」

扶桑「五十鈴の言うとおりね。全艦砲雷撃戦用意!」

扶桑の号令直下、敵艦隊との殴り合いが開始される。

敵攻撃により、扶桑が中破、五十鈴が小破のダメージを受けるものの
戦闘自体はこちら側の有利に進みつつあった。

衣笠「逃げても無駄よ!」

衣笠の放った一撃がリ級Fハテナを粉砕する。
20140913.jpg

衣笠「ふふーん。衣笠さん最高でしょ! 帰ったら青葉に自慢してやろーっと」

青葉「……はい?」

20140913_3.jpg

AL海域陽動艦隊、無事敵主力部隊を撃破。

艦隊から送られた情報により、
イ級ハテナ、ロ級ハテナはそれぞれ「後期型」、
リ級Fハテナはリ級改Fとのコードネームが付けられた。

艦隊はこれよりAL海域港湾部へと進撃。
NEXT Entry
AL海域 北方港湾攻撃
NEW Topics
生きてます。
ちんじふ劇場【5月まとめ】
活動休止してます
明日ですが、C88の情報
歩いて帰ろう
長門と花火大会
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
これまでの読者
ブログ内検索
アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。